近畿地協・JR西日本連合・JR西労組が2011春闘勝利総決起集会開催
2011/03/04


JR連合近畿地協・JR西日本連合・JR西労組が2011春闘勝利総決起集会開催
ベア要求獲得・安全確立・民主化闘争勝利へ意思統一

JR連合近畿地協は、3月4日、JR西日本連合、JR西労組と共催で、大阪リバーサイドホテルにおいて2011春季生活闘争総決起集会を開催しました。各職場から寄せられた檄布で囲まれた会場には、JR西労組、JR東海ユニオン、貨物鉄産労、JR西日本連合とJR東海連合に加盟する17のグループ労組より、組合員約500人が結集しました。

集会は森田副議長(JR東海ユニオン関西地本委員長)の開会挨拶で始まり、冒頭、前田議長(JR西労組委員長、JR西日本連合議長)が挨拶し、「2011春季生活闘争は昨年よりも経営が回復基調にある中での取り組みとなる。JR西日本は連結・単体ともに増収増益で業績見通しを上方修正し、1千円の増配を行った。昨年の厳しい闘いを踏まえて、今春季生活闘争では、何としても成果を勝ち取りたい。賃金は最大の労働条件である。皆さんの負託に応え、公正な配分を求めて、ギリギリまでベアを迫る闘いを進めたい」など、要求実現にむけた強い決意を表明しました。また、併せて、安全確立、民主化闘争完遂、統一地方選挙勝利についても問題提起しました。

続いて、来賓の連合大阪・川口会長、近畿交運労協・宮武事務局長、JR連合・荻山企画部長から、大詰めを迎える春季生活闘争情勢とJR連合近畿地協への期待などについて挨拶を受けた後、JR西労組・中嶋副委員長が交渉状況などを基調報告し、加盟各単組(貨物鉄産労、JR東海ユニオン、JR西日本連合[JR西日本マルニックス労組]、JR西労組)が、それぞれ力強い決意表明を行いました。

そして、集会アピールを採択した後、桑谷副議長(JR西労組副委員長、JR西日本連合事務局長)の閉会挨拶で集会内容を集約し、前田議長による団結ガンバローで閉会し、要求獲得にむけて全体で意思統一しました。

前の記事
  検証 JR革マル浸透と組織私物化…
次の記事
  北海道地協が全道総決起集会を開催
JR連合モバイルトップ
(C)JAPAN RAILWAY TRADE
UNIONS CONFEDERATION